スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保険に対する誤解

生命保険は、「家族、妻への愛の証」「若い頃から入ったほうが、保険料が安くなる」「重い病気になったら、高額な治療費が必要」、そして「社会人になったら、生命保険は入るもの」とよく聞かされます。

保険のおばさんに勧誘され、仕組みが良く分からないまま、加入した人が多いと思います。

しかし、本当に保険に入っていないと、いざと言うときにそんなに困るのでしょうか?

我々は実は、幾つかの優秀な保険に自動的に入っているのです。これらを知らずして、必要以上の高額保険を購入する事は、家計を圧迫します。

自動的に入っている保険の代表格の一つとして、「年金」があります。最近は「払っていても本当に得なのか?」と、疑問視されていますが、それは大きな誤解です。

年金は、老後の蓄えとしても利回りは他の保険よりも圧倒的に高い上、もしもの事あった場合は、「遺族年金」も支払われます。

実は、年金は非常に優秀な保険なのです。その事を知らずに、未払いを続けている人が非常に多いのが残念です。

その他、健康保険や、住宅ローンなども本当に優秀な保険保険と見ることが出来ます。

生命保険は、人生の中で持ち家の次に値段の高い商品と言われています。

これから保険に入る方も、現在保険に加入している方も、当サイトで自動加入保険の実力を理解した上で、見直し&検討をしてみてください!
スポンサーサイト

そもそも保険ってなに?

 わかりやすく言うと、宝くじのブラック版。
痛い目に当たったときにお金がもらえます。
 保険の仕組みは、大勢の人達がお金を出し合って財源をつくり、そしてケガや病気、死亡などが起こった時、その当人や家族にお金を再分配するものです。
 保険業法では、保険は大きく分けて「生命保険」と「損害保険」2種類あります。
 生命保険には、「終身保険」「養老保険」「定期保険」「医療保険」などがあります。
 損害保険には、「自動車保険」「火災保険」「傷害保険」「賠償責任保険」などあります。


 このサイトでは、保険を選ぶときの参考となるよう、
保険に関する情報を少しでも多く提供していきたいと思います。





生命保険ってなんでしょう?

損害保険ってなに?

生命保険の目的

生命保険とは、将来自分の身に身体的なダメージを受け、経済的な障害が発生したときに備えておくものです。よって、経済的に余裕のある方は入る必要は全くありません。

生命保険は非常に高額です。普通の人の人生の中で、持ち家の次に高額な商品と言われています。しかし、その内容は複雑で、良く内容を確認しないまま、保険のおばちゃんに進められて、契約してしまった方が多いのではないでしょうか?

「生命保険は家族への愛の証」「ガンにかかると高額な医療費がかかる」そして「社会人になったら、保険は入るもの」などなど、保険の勧誘の時の決まり文句ですが、決して鵜呑みにしてはいけません。

生命保険と似たものに自動車保険があります。これは自動車で事故を起こした際、相手への賠償金を払うためのものです。最近お賠償金は1億円以上の高額化が進んでいるため、普通の人がそれを支払うの事はまず不可能です。よって、自動車保険は保障を最高にしておくのが普通です。

しかし生命保険の場合は違います。実は我々は自動的に幾つかの保険に加入しているのです。これらの実力は相当なものですので、あえて新たに高額な生命保険に入る必要はありません。よって生命保険に入る場合は、足りないと思う部分だけ加入すべきものなのです。

返戻金ってなに?

解約した時に戻ってくる解約返戻金

保険会社は将来の保険金の支払いに備えて保険料内の所定割合の積み立てをしており、保険契約を途中で解約した場合に、その積立金の一部が解約返戻金として払い戻されます。

解約返戻金はすべての保険にあるわけではなく、また解約までの加入期間によって金額も変わってきます。

掛け捨てと呼ばれる定期保険では、解約返戻金はまったくないか非常に額が少なく、終身保険や養老保険などのように貯蓄性の高い保険ほど額は多くなります。しかし一般的に、解約返戻金はそれまでに支払った保険料よりも少ない額となります(終身保険で加入期間が長期であった場合や養老保険などを除く)。


解約する場合の注意点
1. 当然ですが、解約すると保険の保障はなくなってしまいます。

2. 貯蓄目的で加入していた保険を解約する場合、解約返戻金があるといっても、通常、支払った保険料の総額よりも解約返戻金の方が額が少なくなります。貯蓄商品でいえば、いわゆる元本割れ状態となるケースが多いことを覚悟しておきましょう。

3. 解約後、新たに同様の保険に入ろうとした場合、
・保険年齢が上がっている分、保険料は割高になる可能性がある。
・健康上の問題で、新しい保険に入れないということもあり得る。


既存の保険を解約して別の保険に入り直す場合は、まず新しい保険に加入した後に、既存の保険を解約するようにしましょう。

すべての保険に配当があるわけではない!

保険には、配当がある「有配当保険」と配当がない「無配当保険」があります。
すべての保険に配当があるわけではありません。

<有配当保険>
 ・3利源配当タイプ
  決算時に、費差配当、死差配当、利差配当を集計して配当を支払います。

 ・利差配当タイプ
  利差配当を分配するしくみの保険です。
 ※配当は、保険商品によって、毎年の決算ごとに配当がある商品と、3年ごと、5年ごとなど一定の期間ごとに配当がある商品があります。

<無配当保険>
 配当がない保険ですが、もともと有配当保険よりも保険料が割安となっています。
プロフィール

hokennokiso

Author:hokennokiso
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おとくなサイト
無料ゲーム
自動車保険の見積もり
生命保険の見積もり
引越し見積もり
資料請求
低金利時代にお金を増やす
毛髪にお悩みの方に
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
競馬に投資してみよう
無料で情報GETだぜ!
10
20
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。