スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車保険の保険料の節約方法(その1)

 保険料をなるべく安くするには、自動車保険の仕組みや内容をよく理解して、自分に合った条件や割り引きをうまく活用することが大切です。
 節約方法として、契約の条件による割り引きや、車の安全性に関する装備などによる割り引き、また、目的や利用条件を絞ることで割り引くタイプのリスク細分型商品を選ぶ、といった方法があります。

○支払方法
保険料の支払方法には一活払い(1年分をまとめて支払う)や、月払いなどがありますが、まとめて払うほど安くなります。

○等級
無事故を続ければ、年々等級が上がり、割り引き率が増えていきます。
安全運転を心掛ける人は、保険料も年々安くなります。

○運転者限定
補償の対象とする運転者の範囲を制限することで保険料を割り引きます。
運転者家族限定、運転者本人・配偶者限定、運転者本人限定などがあります。
ただし限定した以外の人が運転しての事故は補償されないので、注意してください。

○長期優良契約割引
16等級以上の人が無事故で、さらに1年間事故がなかった場合に、保険料が5~10%割り引かれます。

○セカンドカー割り引き
1台目の保険の等級が11等級以上の人が、2台目以降を買い足した場合に、7等級からスタートできます。

○複数所有自動車割り引き
ひとつの保険会社に、同じ所有者の車を、同じ名義で契約した場合、2台目以降の保険料が割り引かれます。

○メインドライバー特約
主に運転するドライバーを1名特定することで、保険料が5%割り引かれます。
ほかの人が事故を起こした時でも免責金を支払えば補償されます。

○長期契約
自動車保険は1年契約が一般的ですが、これを2~5年の長期契約にすると、実質保険料が下がります。
積立型と掛け捨て型があり、各社違いがあります。
扱っていない保険会社もあります。

○インターネット契約
インターネットで申し込みをすると保険料を割り引く保険会社や商品があります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hokennokiso

Author:hokennokiso
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おとくなサイト
無料ゲーム
自動車保険の見積もり
生命保険の見積もり
引越し見積もり
資料請求
低金利時代にお金を増やす
毛髪にお悩みの方に
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
競馬に投資してみよう
無料で情報GETだぜ!
10
20
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。