スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車保険の補償額の決め方

自動車保険の補償内容の設定額は、それぞれの運転歴や家族構成、車の使用頻度、職業などによっても違ってきますが、ここでは一般的な目安を紹介します。

☆補償額の設定の目安

○対人賠償保険
 事故で、相手を傷つけてしまった場合に相手先に対して補償するものです。
 昨今の補償額の判例を見ても、高額な事例が多いので、十分な補償が絶対に必要です。
 必ず「無制限」に設定しましょう。

○対物賠償保険
 事故の場合に、相手方の車や建物・設備等に対して補償される保険です。
 一般的には「2000万円」という設定が多いですが、近年は高額な補償事例が増えていますので「無制限」の方が無難といえます。

○搭乗者傷害補償保険
 事故にあった場合に、その車に搭乗していた全員に対して補償する保険です。
 設定金額は一名当たりの補償額を意味していて、一般的には、「1000万円」が良いでしょう。

○車両保険
 事故の場合、自分の車の損害を補償してくれる保険です。
 車両保険には、3種類のパターンがあります。
 詳しくは車両保険を見てください。
 設定する保険金額は、車の型式と年式に応じた車両標準価格表(損保協会発行)に準じて、所定の範囲内で設定をすることになります。

○人身傷害保険
 事故で傷害を被ってしまっても、事故の過失割合に関係なく、人的損害額を設定した保険金額の範囲内で補償する保険です。
 詳しくは人身傷害補償保険を見てください。
 補償額は、自分や家族の収入やライフサイクルなどによって必要額を設定すると良いでしょう。
 3000万円から補償設定できます。
 一般的には「5000万円」という設定が多いようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hokennokiso

Author:hokennokiso
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おとくなサイト
無料ゲーム
自動車保険の見積もり
生命保険の見積もり
引越し見積もり
資料請求
低金利時代にお金を増やす
毛髪にお悩みの方に
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
競馬に投資してみよう
無料で情報GETだぜ!
10
20
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。