スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族全員が運転する人の自動車保険の選び方

 車を運転する人が、一緒に暮らしている家族全員である場合や、お子さんが免許を取得して年齢条件などを見直す必要が生じた場合など、家族全員をカバーする保険を選ぶ方法として、どんな点に注意しなければならないかを検証します。

☆運転者の条件を再確認
 お子さんが免許を取った場合なども含め、運転者年齢条件が家族全員の条件をカバーしているかを必ず確認しましょう。
 また、運転者を限定する夫婦限定特約・本人限定特約も、外さなければなりません。
 万一、これらの条件や限定に該当しない人が運転して事故を起こしても、補償は一切されません。
 手続きは契約の途中でもできますので、すぐに変更しましょう。

☆子ども追加特約は保険料もおトク
 お子さんが免許を取った時、上記のように、運転者年齢条件を家族全員の年齢に該当させる方法以外に、子ども追加特約を付けるという方法があります。
 全体の年齢条件を変更するよりも保険料を安く抑えることができるほか、いろいろなメリットもあるとても便利な特約です。
 子ども追加特約で対象とするのは「同居の子ども」と「未婚の別居している子ども」です。
 結婚して別居している子どもは対象となりませんので注意してください。
 未婚の子どもでも別居している場合は対象にならないタイプもあります。
 商品によりますのでよく確認しましょう。

☆家族限定特約で保険料が割り引きになる
 家族しか運転しない場合は、家族限定特約を付けると保険料が割り引きとなりますのでぜひ利用しましょう。
 ただし、この特約が限定している“家族”とは、「本人」「配偶者」「同居の親族」「別居の未婚の子ども」です。
 つまり、「結婚して別居している子ども」は対象となりません。
 この点を間違えて認識しないよう注意してください。
 例えば、結婚して独立している子どもが、実家に帰省した時に実家の車を運転して事故を起こした時には、保険の対象にならないということです。
 たとえ1回だけの運転でも、また1メートルしか運転していなくても、運転者限定条件に該当しない人が運転時に発生した事故には保険が適用されないので、安易に考えないようにしてください。


☆搭乗者傷害補償保険と人身傷害補償保険を万全に
 運転する家族が増えたら、大切な家族を守るためにも、搭乗者傷害補償保険と人身傷害補償保険をより万全にしましょう。
 人身傷害補償保険には、保険会社によっていくつかのパターンがある場合があります。
 より万全なものに切り替えることも検討しましょう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hokennokiso

Author:hokennokiso
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おとくなサイト
無料ゲーム
自動車保険の見積もり
生命保険の見積もり
引越し見積もり
資料請求
低金利時代にお金を増やす
毛髪にお悩みの方に
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
競馬に投資してみよう
無料で情報GETだぜ!
10
20
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。