スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年金保険と生命保険

 生命(死亡)保険は残された家族の生活費を残してあげることが主な目的の保険です。 
 つまり遺族のその後の生活保障に必要な額を保険金額とすることが望ましいのですが、その際に公的年金から給付される遺族年金の額を考慮しておくと、保障の重複を防ぐことができます。

○国民年金と厚生年金の遺族給付の概要
 すべての方が加入している国民年金に加え、会社員の方は厚生年金からの遺族給付があります。

【遺族基礎年金(国民年金)】
○給付対象
 死亡した者に生計を維持されていた18歳未満の子、またはその子と生計を同じくする年収850万円未満の妻に給付されます。

○給付額
・子のある妻  年額 792,000円
子の加算(2人目までは一人につき227,900円、3人目以降一人につき75,900円)
・子  年額 792,000円
子の加算(2人目は227,900円、3人目以降一人につき75,900円)

その他にも細かい規程がありますので、詳細は調べてください。


【遺族厚生年金(厚生年金)】
○給付対象
 死亡した者に生計を維持されていた妻、夫、18歳未満の子、父母、孫、祖父母に給付されます。
※夫、父母、孫、祖父母の場合は被保険者死亡時に55歳以上である場合に60歳以降給付されます。

○給付額
 生前の報酬額に応じて計算されます。
 妻の年齢によっては中高齢寡婦加算が付加される場合もあります。

 このように家族構成や厚生年金の加入状況によって給付の有無や給付額は変わってきますので、自分のケースをよく確認して、公的年金の遺族年金分を必要保障額から差し引いて民間の生命(死亡)保険の保険金額を決定するとよいでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hokennokiso

Author:hokennokiso
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おとくなサイト
無料ゲーム
自動車保険の見積もり
生命保険の見積もり
引越し見積もり
資料請求
低金利時代にお金を増やす
毛髪にお悩みの方に
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
競馬に投資してみよう
無料で情報GETだぜ!
10
20
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。