スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主契約と特約

 生命保険の契約には、土台となる主契約とそれに付帯したオプションとなる特約があり、通常これらを組み合わせて保険契約を行います。


 主契約は、まさにその保険の核です。
 最も重要な保険に主契約として加入して、それに特約を付加していくことになります。
 主契約に複数の特約をつけることはできますが、通常、主契約に主契約を上乗せすることはできません(2つの主契約は別々の契約となり、証券も2枚になります)。
 また、主契約なしに特約だけに入ることもできません。

 特約は、保険契約の途中で別の特約を追加していくことができますし、必要なくなった特約のみを解約することもできます。
 しかし主契約を解約すると、保険契約の土台(基本契約)がなくなってしまい、付帯した特約もすべて一緒に解約することになりますので注意が必要です。

 例えば、終身保険を主契約として医療保障を特約として加入していた場合で、将来こどもが独立して死亡保障が不要になったので、終身保険を解約して解約返戻金を老後資金にする場合、まだまだ必要な特約の医療保障も一緒に解約する以外方法がなくなってしまいますから、何を主契約にして何を特約にするかは十分考えて決める必要があります。

 死亡保険と医療保険のようにニーズが違う保険に加入するときや、将来の設計変更を考えた場合は、それぞれの保険を主契約として別々に保険に加入しておいた方がよいでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hokennokiso

Author:hokennokiso
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おとくなサイト
無料ゲーム
自動車保険の見積もり
生命保険の見積もり
引越し見積もり
資料請求
低金利時代にお金を増やす
毛髪にお悩みの方に
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
競馬に投資してみよう
無料で情報GETだぜ!
10
20
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。